低予算で温かみのある葬儀ができる家族葬

お金に余裕がなくて葬儀の費用を節約しなくてはいけない方や他人に邪魔をされずに家族だけで故人を静かに見送りたいという方は、『家族葬』にするというのも一つの手段といえます。

家族葬とは、一般に家族や親族のみが参列して行なう小規模なお葬式のことで、現在では数多くの葬儀社が家族葬のプランを提供しています。家族葬では、大きな式場を使用しなくても小さな個室で簡単なお別れの儀式を済ませ、その後食事会などを開いた後に解散するというように簡素化した葬儀ができるので、遺体の搬送や火葬、祭壇の設置などの費用を含めて30万円以下の費用で執り行うことが可能です。

仏式、キリスト教式など様々宗教に対応してもらうこともでき、お経の代わりに故人の好きだった音楽を流したりするなど宗教色を排除した温かみのある葬儀を執り行うこともできるのも魅力です。ただし、家族葬を行なうには、周囲の人々への気遣いが不可欠です。特に、親戚や隣近所、友人、生前勤務していた会社の同僚など、普通の葬式を行った場合に参列することが予想される人には、家族葬を行なうことを事前に連絡して了承をとっておくべきでしょう。

また、家族葬にするということは、故人と付き合いのあった友人・知人からお悔やみに来る機会を奪うことにもなるので、お悔やみに訪れたいという方が多い場合には、別の日に簡単なお別れ会を開くなど配慮することが大切です。なお、家族葬を依頼するときには、家族葬についての的確なアドバイスをもらえる経験豊富な葬儀社に依頼すると安心です。最近では電話で相談に乗ってくれるところもあるので、家族葬にしたいけどどうすればよいかわからないときにはこうした業者に連絡してみることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *