葬儀をする時には心を

誰かが亡くなった時に、その瞬間から始まるとも言える儀式の葬儀です。

誰にとっても必ず訪れる時なのですが、誰もがそれを待ち望んでいないのです。それだから、その時が身内の身に起きた時には、頭の中では分かっていても、どのようにしていけば良いのかわからず、気持ちが右往左往するものです。葬儀は亡くなった方のためでもありますが、生きている人達のためだとも言えます。

その、葬儀を行うことで、亡くなった人との別れをきちんと受け止めて、生前に多くの人との関わり合いがあったことを、故人に代わって感謝やお礼を伝えることになります。葬儀にはその亡くなった人の宗教や人生観など、また、遺族の考え方などにより、いろいろな送り方があります。できる限り多くの人に見送ってもらいたい人や、家族、親戚などの親しい人たちだけで送りたい人などがあり、葬儀も違ってきます。

儀式を行う場所も、生前から自宅から出棺を希望していた時には、亡くなった場合には、家族はその気持ちに添いたいと思うものです。特に言い残すことなく逝った人の場合には、残された家族がその精一杯の気持ちを込めて、儀式を取り行っている専門の人たちのいろいろなアドバイスを受けてするのです。どのような式を行うにしても、故人に心からの敬意を表するようにすることが、これから生きていく人達のきちんとしたけじめになるのです。その、別れを心を込めた式ですることが大切なことだと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *