葬儀の際のファッションのマナー

葬儀に出席する際、どのようなファッションで出席するのが正しいのか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

葬儀や告別式に出席する場合は、ブラックフォーマルと呼ばれる正装が基本です。男性の場合はブラックスーツで白いシャツ、黒いネクタイを着用します。靴は飾りのない黒を履きます。女性は、黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどを着用します。靴は飾りなどのない黒、ストッキングも黒を履きます。アクセサリー・小物類は、男女ともに結婚指輪は外す必要はありません。男性は結婚指輪以外のアクセサリーは全てはずし、金色の時計など目立つものもはずします。

また、女性の場合はパールのネックレスのみアクセサリーとして着用することができます。この際、二連のネックレスは「不幸が重なる」として弔事では厳禁とされているため、必ず一連のものを選びましょう。また、バッグやコートなどは動物の殺生を連想させる毛皮や皮製品は避けます。また、黒であっても光沢のあるエナメル素材などは使用しません。女性の場合、メイクや香水にも注意が必要です。

メイクはカラフルなものは避け、控えめにします。また、派手なネイルなども厳禁です。香水はつけないようにしましょう。ヘアスタイルも派手にせず、シンプルなまとめ髪などが良いでしょう。葬儀の際のファッションのマナーは、故人を偲び、遺族の方に失礼とならないことが最も大切です。いざという時に慌てたり、マナー違反とならないためにも、いつ葬儀があっても困らないよう基本的なアイテムは用意しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *