家族葬を行う際の費用と注意点

葬儀にはいろいろな形式があります。

その中のひとつ『家族葬』とは家族などの近親者だけで行い、近親者以外の弔問客の参列を拒否する葬儀のことです。『費用をあまりかけない葬儀をしたい』、『身内だけで葬儀を執り行いたい』、『故人の希望』などが理由で家族葬が選ばれるケースも増えています。その規模は様々であり、家族のみで行うものから、親戚も招いて行うものもあります。

普通の葬儀よりも小規模となりますので、『参列者数の確定や葬儀社による予算の変動が少ない』、『日程等を自由に設定しやすい』、前述した『少人数での葬儀のため、人件費や葬儀場の設備費その他経費が抑えられる』といったメリットがあります。

葬儀にかかる費用には『葬儀社への支払』、『寺院への経費(お布施等)』、『飲食費』、『返礼品費』などがあけられますが、一般の葬儀と比べ、家族葬においては『飲食費』と『返礼品費』は減少傾向にあります。また、一般の葬儀と比べて(シンプルにしたい)という要望が多いですので、祭壇や装飾にあまり経費をかけないケースが多くみられます。葬儀社にもよりますが、全体的な費用として50万円から100万円くらいが相場となっています。

なお、参列者が少なくなる家族葬においては、香典による収入も減少するということになります(参列者が身内のみのため、香典そのものを受け付けないか辞退することがほとんどです)。会葬者が少ないというと接待費用や飲食費が低く抑えられると考えがちですが、祭壇、棺桶等は一般の葬儀とかわりません。家族葬は香典収入がない分一般葬よりも出費してしまうケースも珍しくないのです。その辺は注意すべきところであります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *