家族葬の一般的な費用

家族葬といえば、家族だけで行う葬儀といった印象ですが、確かに家族だけで行うものであったとしても、規模は様々です。

本当に家族だけで行うものから、家族同様にお付き合いしていた縁者にもお知らせするものもあり、それでも家族葬というくくりの中にあります。小規模の葬儀を家族葬といったカテゴリーにしているような雰囲気もあります。

葬儀の費用は、どの程度の会場を確保するか、参列者をどこまでもてなすか、香典返しはどうするのか、祭壇はどうするのか、花はどうするのかといったことで、費用は変わります。家族葬の場合は基本的に参列者が家族だけですので、通夜席で飲食を用意するのも限られていますし、祭壇などもささやかなものです。

会場の大きさと祭壇の選び方以外は、それほど費用を左右する要素はありません。地域によって若干の差がありますが、家族葬は25万円程度から、40万円台が相場です。それにオプションをつければ、その金額が加算されます。一般的な葬儀の全国平均が200万円を超えているところから考えれば、かなり費用的には抑えられます。

しかし費用面だけで選択されているわけではないということにも、理解が必要です。家族だけに見守られて送られたいといった、故人本人の意思を反映している場合もありますし、悲しみを心から共有できる家族とごく親密な人たちだけで送りたいといった遺族の気持ちを表している時もあります。お金だけの問題ではないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *