家族葬儀の費用は様々

セレモニーホールなどを利用して、葬儀を行う場合が多いですが、その中には、少人数で行われる家族葬も珍しくありません。

家族や親戚だけでなく、親しい友人知人のみで行われる家族葬向けに、葬儀会社では、様々なプランが企画されており、遺族は葬儀費用も多くの選択肢から選ぶ事ができます。また、セレモニーホールなどを利用せずに、自宅で葬儀を執り行う事もできます。会場や、宿泊費用などを抑える事ができますが、自宅で参列者を受け入れる準備をしなければなりません。

葬儀の規模が小さいと、費用も抑えられると思われがちですが、プラン内容によって大きな差が生まれない場合もあります。家族葬の良い面は、遺族の負担が少ないだけでなく、故人の好みや希望に添って、葬儀を行う事ができる点です。祭壇に飾る花や写真、お別れの時に流れる音楽など、故人の好みを尊重して、参列者が故人とのお別れを、ゆったりとする事ができます。

年々増加傾向にある家族葬に向けて、専門のセレモニーホールも多く誕生しつつあります。遺族用の控え室を、従来よりもコンパクトでありながら、機能的にする事により、別に予定されている葬儀を意識する必要や、予約状況を気にせずに、葬儀に集中する事ができます。

宗教的な儀式としてだけでなく、故人に縁のがる遺族が集う場である事を重視した葬儀を行い、有意義な時間を過ごせるような葬儀をするために、オリジナリティー溢れる家族葬儀の人気が高まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *