葬式の費用の平均相場

家族に突然の別れが来た時には、悲しみに暮れる暇もなく葬式の手続きをしなければいけません。

亡くなってから数時間で計画を立てなければならないため、残された家族が困ることのないように、生前にどういった葬式を行うかを決めておきましょう。葬式代だけでなく、食事代やお布施代などがかかるため、高額になることが多くあります。様式や、会葬者の人数によっても変わってきますが、費用の平均相場は、約200万円といわれています。

一般葬は、安置や通夜、葬儀、告別式、食事などを全て含めて行われる一般的なもので、会葬者が30人以上の場合で、90万円くらいから行うことができます。近年では、家族葬といった家族や身内だけで行う小規模に行うことも増えてきています。会葬者の人数にもよりますが、30万円くらいから行うことができ、身内だけでゆっくりとお別れができることから人気になっています。

通夜や告別式のみを行う一日葬では、式場の使用期間や食事も少なくなるため、費用は安くなります。また、火葬、拾骨のみを行う直葬の場合は、17万円前後になっていて、費用は安くすませることができます。

どのような葬式にするかは、儀礼に沿って一般的な葬式をしたいという場合や、家族や親しい人だけで静かに行いたい場合など、亡くなった人と遺族の思いによって選ぶようにするとよいでしょう。費用をかけていなければいけないというわけではなく、気持ちをこめて行うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *