葬式にかかる費用とは

葬式にかかる費用は一般的に約二百万円かかるとされています。

それは様々な名目での費用が必要になるからなのです。祭壇の使用料、式場の使用料、遺影写真代、霊柩車代やマイクロバス代等の葬儀代が必須になります。この他にも葬儀参列者への飲食代、寺院へのお布施に僧侶への御車代、読経代にお志等の費用もかかります。近年では低価格の葬式も行えますが、葬儀業者を選ぶ際には注意が必要です。

安いプランは魅力的ではありますが、御遺体の搬送料金やドライアイス代が含まれていないなど、様々な追加料金で葬式費用が高額になっていくケースがあります。最初は三十万程度だった費用が最終的に百二十万を越えてしまったケースもあるので、安さだけを前面に押し出した葬儀プランは勧められません。

また、葬儀社の中には「故人の為にもお花は豪華にした方がいい」「最後だから盛大にした方が故人も喜ぶ」と、葬儀のグレードやランクアップを勧める葬儀業者もありますので、葬儀業者を選ぶ際には注意が必要です。病院や警察と提携している所に決めてしまうのではなく、周囲の人の話を聞いてから決めることをおすすめします。

相談できる人がいない場合はインターネットで情報を探しましょう。選ぶ際のコツはメリットとデメリットがキチンと書かれている、料金プランが不明瞭ではなくハッキリと書かれている所を選んでください。口コミも判断材料になりますので、よく読んで納得の出来る葬儀業者を見つけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *