葬式の様々な行い方とは

現代では、葬式の行い方も様々な方法が広がって来ました。

ライフスタイルの変化や核家族化などの影響もあります。まず、一般的に行われるのが、お通夜、葬儀、火葬という行い方で一般葬と呼ばれています。従来からある伝統的な方法であり、現代でも多くの方がこの方法で行っています。特に、都市部より地方では、この方法で行うことが多くなっています。次に、多く見られるのが家族葬です。

一般的に行われる方法と変わりなく、お通夜、葬儀、火葬と言う流れで行いますが、参列する方が身内や家族だけというのが異なります。家族葬であれば、参列した方々への気遣いをしなくて済むので、故人との最期の時間をゆったりと過ごせるのもメリットです。また、近所づきあいが少なかったり、身内が少なかったりする場合にも家族葬が選ばれるようになっています。他には、直葬といって火葬だけ行う方法もありますし、出棺の時だけにお経をあげても合って火葬を行う方法もあります。

また、お通夜も行わず、葬式に関する儀式を一日で済ませる方法もあります。葬式の方法は、このように多様化して来ています。ライフスタイルや各家庭の考え方によって、葬儀社も様々なプランを準備して柔軟な対応が出来るようになって来ています。やはり、それだけ葬式を行うことで大きな費用がかかることも、少なからず影響を及ぼしていると言えます。そのため、格安で行える直葬、一日葬が近年になってプランの中に加わって来ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *