終活でお葬式の方法を決める

近頃の日本は、少子高齢化が進み、高齢者が国民に占める割合は上がり続け、高齢化社会となり一人暮らしの高齢者も多くなっているのが現状となっています。

自分にもしものことがあったときに、残される家族に迷惑がかからないように考える高齢者の方たちによって終活という行為が注目を集めて、認知され始めていて自分で自分のお葬式を準備する心構えをしている高齢者の方が多くなっています。東日本大震災に影響を受けて三十代という若い年代の人も終活を行う人も出てきています。

終活を行う理由として代表的なものは、自分が亡くなったことで残された家族の迷惑にならないようにしたいというものです。終活は、必ず訪れる死に対する準備としてお葬式や遺産整理、お墓などを決めておくことになります。エンディングノートは、自分が亡くなるときに備えて自分についての情報や希望を書き残しておくためのノートになります。

遺言書とは違って法的な拘束力はありませんが、財産相続のことは遺言書で書き残して、お葬式などの要望事項や、余命宣告をしてもらうかどうかや、脳死状態で自分の意思が伝えられなくなった際に備えてエンディングノートに書き残すというように、用途によって使い分けるという方法もあります。エンディングノートに書き残す項目には、自分の簡単なプロフィールや、最後を迎えたい場所、亡くなったときに連絡して欲しい方のリストなどを詳細に書き記すというのが一般的になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *