葬儀の形としてよく選択される家族葬とは?

葬儀には様々なスタイルがありますが、その中でも最近特に注目を集めているのが家族葬です。

これは故人にとってごく近しい家族や親族だけが少人数で集まって、落ち着いた状態でゆっくりと故人とのお別れの時を迎えるというもの。特に儀式的な定義づけといったものは存在せず、遺族や故人の意向を十分に反映させた上で、家族みんなで食事をとったり、和やかに思い出話を披露しあったり、故人の写真を紐解いたり、よく口ずさんでいた歌を歌ったりして、最期となる家族団欒の時を送っていきます。

もちろん宗教者によるお経や説法などに授かる場合もありますが、それが必ず必要というわけではありません。家族葬が浸透している理由には二つの点が挙げられます。一つは遺族のゆっくりとしたお別れの時を送りたいという気持ちを大切にしている点。多くの葬儀は多くの参列者を迎えてお通夜、本葬と大規模に行われますが、それだけでも遺族は準備や参列者への対応に奔走するあまり、じっくりとしたお別れができない現状にあります。

その本末転倒なあり方を修正する意味でも家族葬には大きな意味があるのです。もう一つには無駄を省いて費用を抑えることができるという点。小規模の儀式になるために会場を借りる上でも安上がりですし、また従来の伝統に基づいた宗教的飾り付けなどの必要がない分でも最低限の出費でまかなえます。また、必要であればあらかじめ家族葬でゆっくりとお別れして、後日改めて関係者を集めたお別れの会を開催することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *