一般的な葬儀と家族葬の違い

家族葬と一般的な葬儀の違いは5つの面で比較すると明らかです。

その5つの面というものは参列者、葬儀の形式、式場、香典、事前準備に分けられます。一般的な葬儀の参列者は遺族はもちろん、近所の方や故人の友人や職場の方々など生前故人と関係があった方々です。参列の意思があるかはともかく、その方々に声をかける必要があります。またこの時、会葬礼状の用意をしなくてはならないので要注意です。

次に葬儀の形式ですが故人の立場や参列者を考慮して高額な葬儀になる可能性があります。そうなると式場にも影響を受けます。参列者の数や祭壇などの装飾によって必要な空間の大きさが変わるからです。そして香典は一般的な葬儀では常識的な風習であり、もしも受け取った場合はお返しとなるものを準備しなくてはなりません。準備といえば一般的な葬儀は執り行われる前にさまざまなものを準備する必要があります。先述した会葬礼状をはじめ、指差し看板や忌紙、式場前に立てられる名木、場合によっては駐車場も確保しなくてはなりません。一方、家族葬の参列者は遺族と親族のみが基本となります。

特に親しい友人であれば呼ばれるケースもありますが、挨拶程度の付き合いやあまり親しくない方となると参列者から外れます。そのため会葬礼状は作られないケースが多いです。このように参列者の数が少ないと葬儀の形式は自然とシンプルで低コストなものになりやすく、式場も狭い空間が選ばれます。あるいは気を遣う間柄ではない者が参列者という事で自宅を式場に選ばれる傾向もあるので特徴的です。そして家族葬では香典は身内だけの葬儀という意味合いから辞退する事が礼儀とされており、一般的な葬儀であれば行なわれる事前準備も家族葬というスタイルを守るために用意されることはほとんどありません、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *