お葬式にかかる費用と葬儀保険

お葬式自体の費用やお葬式に関連して発生する費用を、支払うことができる資金を所有している方は、もしものことがあっても対応できますが、少子高齢化になっていたり、不況が長引いたりしているため、近頃はお葬式にかかる費用を賄いきれない方が多くなっています。

人が亡くなった場合に発生するのは、お葬式自体の費用だけでなく、病院でかかった治療費や、初七日や四十九日などの法要にかかる費用、遺産相続で弁護士や執行人に支払う報酬、故人が住んでいた物件の遺品整理や清掃にかかる費用も賄う必要があります。そして、仏壇や墓地の区画、墓石を新たに建立したり購入したりする場合は、その費用についても賄う必要があります。

お葬式にかかる費用が心配な人は、葬儀保険に加入することを検討するのも良い方法の一つです。葬儀保険は、加入することができる年齢層の幅も広く、告知するだけで加入が簡単にできるという特徴があります。亡くなった際に受け取ることができる保険金はあまり高額な訳ではないのですが、保険会社に保険金を請求する書類が届いた日の翌日や翌々日ぐらいにはお金が受け取れる素早い対応がメリットです。

また、少額短期保険は毎月の保険料の出費は抑えたいが最低限の保障が受けたい場合や、すでに加入している共済や保険などに保障を加えて充実させたい場合、加入したい保険商品を取り扱っている保険会社が少額短期保険の商品しか取り揃えていない場合などに選ばれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *