葬式に関するマナーについて

葬式は大人になれば参加する機会も増えますが、マナーを教わることもあまりないのでマナーをちゃんと言える人は意外と多くありません。

しかしきちんとしておかないと常識がないと思われて評判に関わってきてしまうので知っておきたい知識のうちの一つです。まず服装ですが、昔のように女性は和服で行く必要はなく、洋服で通夜と告別式に参加する人が増えました。特に礼儀知らずだといわれることもないので、季節に合わせた黒の礼服があれば十分です。男性は黒のスーツで大丈夫です。アクセサリーはつけていかない方がよいのですが、もしつけるなら1連の真珠のネックレスにしましょう。

2連のものは縁起が悪いといわれていますので、葬式にはつけてはいけません。その他の持ち物に関してですが、ふくさはグレーなどの地味な色のもの、時計などをつけている場合は建物の中に入る前に外すようにします。ハンカチは白が一番適切です。またこういった場所に限ったことではありませんが、携帯電話などは電源をきるかマナーモードにするようにしましょう。また弔電を打つ時は前日までに届くように出します。

当日参加してお悔やみを言う時にもあまり長くならないように一言添える程度の長さにするように心がけましょう。もしも親類などの葬式に参加するのなら、子供をつれていくこともあります。学生で制服があるならそれを礼服代わりに着て行きます。もしないのならブラウスと黒などのスカート、ズボンを合わせましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *