家族葬の場合のお通夜について

家族葬は故人の家族およびごく親しい身内だけで行う葬儀です。

余計な気遣いをする必要がなく、費用も安く抑えられることから、最近はこのタイプの葬儀を選択する人も増えています。ただこの葬儀は近年になって行われ始めた新しい葬儀のかたちです。世間的に見てもまだ十分に理解されている状況とは言えないので、実際の流れやマナーなどについては不明確なところもあります。仏教の形式で葬儀を行う場合にはお通夜はつきものです。

家族葬は参列者を家族などに限定するというだけで、実際の流れは従来から行われている一般的な葬儀ですので、お通夜も当然ながら行うことになります。ここで気になるのはお通夜の参列者についてです。従来のお通夜は親族はもちろん、近所の人や友人など故人やその家族とお付き合いがあった人は皆訪れます。しかし家族葬を行う場合は、お通夜も家族だけで行うのが普通です。したがって原則として一般の弔問客は受け付けないことになります。

もっとも家族葬ということを知らずに弔問に訪れる人もなかにはいるでしょう。ですからそのような事態を避けるためには家族だけで行う旨をきちんと周知しておくことが必要です。多くの場合は葬儀を終えた後に事後報告をすることになりますが、お通夜も含めて弔問をお断りするのであれば、事前に家族葬であることの案内をしておいたほうが無難です。もし知らずに弔問に訪れてくれた人がいた場合は、事情を丁寧に説明して失礼のないように対応することも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *