お葬式の焼香の仕方と意味

仏式の通夜や告別式、葬式では焼香が行われます。

僧侶の読経が続く中で喪主から初めて、血縁が濃い順番で行っていきます。近親者の後で一般の会葬者も、順番に焼香を行っていきます。焼香の作法は宗派によって違いがありますが、基本は左手に数珠を持ち右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまんで順に押し頂いてから、香炉の炭の上にぱらぱらと落としていきます。

これを3回繰り返すことが多いのですが、回数や押し頂くか否かは宗派によって異なっています。焼香には立礼焼香、座礼焼香、回し焼香の三つのパターンがあります。立礼焼香は椅子席の葬式場で行われ、焼香台の前に立って焼香を行います。座礼焼香は畳敷きの葬式場で行われ、焼香台の前に正座して焼香します。回し焼香は葬式場が狭い場合などに行われ、自分の席に着いたまま回ってきた香炉を受け取って、前において焼香を行います。焼香が終われば隣に香炉を渡します。

いずれのパターンでも、焼香の作法は同じになっています。葬式における焼香の意味は、香の香りで邪気を払って霊前を清め、また自らの心身の穢れを払って清らかな気持ちで、故人や仏に祈りをささげるという意味を持っています。また死者は四十九日かけてあの世への旅をするとされていますが、この四十九日間の食べ物は食香と言って香の香りなので、焼香から始まって四十九日間は線香を絶やさないようにします。そのほかにもともとは遺体から出てくる異臭を、消すためという説もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *