家族葬という葬式の方法をする

お葬式には通常のものと家族葬という物があります。

故人の遺志や喪主や遺族の意志で家族葬を行う場合は、生前からあらかじめ、詳細を決めておくといざという時に慌てずに済みます。そのようなプランを持っている葬儀業者が沢山ありますので、生前からしっかりと相談し、どのように行うのかを話し合っておきましょう。葬式は突然行うことなので、非日常的で慌ててしまうことがあります。知らない事も多いですし、心細く感じることも多々あります。

そんな時に葬儀業者と連携が取れていれば、安心することが出来ます。家族葬のプランを持っている葬儀会社も葬式の方法によって金額が様々ですので、よく調べて、後から請求を多くふっかけるような会社には気を付けることが必要です。故人が会社勤めの場合、会社に連絡することを忘れずにしましょう。やることが多く、つい忘れがちですが、家族葬であるという事をしっかりと伝え、どの部署にまで訃報を知らせるかということも決めておきましょう。

そして、慌てて弔問に来てしまう方がないよう、しっかりとお伝えするのが大切です。弔問、供花、香典、焼香などを辞退するのが家族葬では一般的ですが、弔電だけは受け付ける場合もあります。香典などは香典返しなどを用意する手間がかかりますが、弔電の場合は御礼状のみで済みますので、お受けする場合はその旨もお伝えしておきましょう。会社だけでなく、訃報をお知らせする場合は、家族葬であるため、諸々辞退させて頂きたいとうことをご案内しておくのが親切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *