葬式が家族葬であるとき、会社編

訃報のお知らせを社員、あるいは社員の家族からもらった時、お葬式が家族葬であると知った時は通常のお葬式とは少々違う点がありますので、注意が必要です。

まずは、亡くなった方がどなたなのかを聞いておきましょう。社員本人か、その家族なのか、どのような関係性なのかと、喪主がどなたなのかも聞いておきましょう。家族葬とは一般の方の弔問、供花、香典、焼香などをご辞退することが多いので、どの部署の人にまで訃報を知らせて良いのかも聞いておく必要があります。

また、それを聞いた会社側は間違って葬式に行ってしまう社員がでないようにする配慮が必要です。会社の規定で香典を渡すシステムになっているところもありますが、慶弔見舞金をして経費から渡すのでその際に香典返しは必要ないと伝えましょう。これを渡すのも、葬式など一通り済んだ後が良いでしょう。弔問や香典を辞退している場合も、弔電だけは辞退していない場合があります。一般的に香典は香典返しが発生し、金銭的にも負担がかかりますので、喪主や遺族の意志に従って辞退するのがマナーですが、弔電の場合は御礼状のみで済みますので、辞退する事柄の中にか書いてない場合は、出しても大丈夫でしょう。

亡くなった方が社員本人ではない場合、忌引き休暇、慶弔休暇がありますので、その旨知らせてあげましょう。知らずに葬式が済んですぐに出社してしまわないように、気を付けてあげるのも大切です。これらの事はしょっちゅう起こる事ではないため、慌ててしまう事がありますが、あらかじめ家族葬である場合はどのようなことに注意が必要か、マニュアル化しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *