葬式の際の受付の仕方とは

葬式とは一般的に葬儀、告別式の事を指します。

本来葬儀と告別式は意味が違うものですが、続けて行われることが多いのでひとくくりで葬式と呼ばれています。葬式に参列するとわかった場合、香典の用意をしますが親しい人が亡くなった場合は供花を用意することもあります。この香典は亡くなった方との間柄によっても金額が違うので、事前にいろいろな人と相談をしておくと良いです。香典を用意し、葬儀会場に入ったら、まず、芳名帳に名前、住所を書きます。

近年芳名帳がないところもあり、そういったところはカウンターの芳名カードが用意されているので、そこで記入し、受付へ出します。受付では芳名カードと共に香典を出しますが、あらかじめ袱紗から出しておき、スムーズに香典が渡せるようにしておきます。渡す際はご愁傷さまです、やこのたびは残念です、といったお悔やみ言葉を言うようにします。その後葬儀会場の指示に従い、順にお焼香をしていきます。

仏式の場合は香典はご霊前やご香料といったものを使用します。なお、浄土真宗の場合は四十九日前でもご仏前と書かれたものを使います。神式の場合は玉串料、キリスト教の場合はお花料と書かれているものを使用するようにしましょう。受付での言葉がけは宗教によって違います。神式もキリスト教も仏教で言うお悔やみ言葉は使用しません。お寂しくなりましたね、やお知らせいただきありがとうございます、といった言葉に置き換えるようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *