葬式で絶対にしてはいけないこと

葬式でのマナーは沢山あります。

葬式では喪服を着用する事など一般的なことは誰でも知っていますがまだまだ知られていないマナーもあるので気を付けてください。下手をすると常識のない人だと思われてしまいます。例えば香典を包むときには新札を包んではいけません。診察は結婚式の時のご祝儀に使うものであり葬式は祝い事ではありませんので古いお札を使うようにしてください。あまりにもボロボロすぎると失礼になりますので避けてください。

どうしても財布の中に新札しか無い場合には二つ折りにしてから入れてください。そして訃報を聞いたときに遺族にすぐに電話をかけるのは避けましょう、お悔やみの言葉をかけたいと思う気持ちはあるかもしれませんが遺族は葬式の準備などで大変ですのでそれどころではありません。お悔やみは葬式の時に言うので十分です。

式に参加すると自分の知っている人を見つけることもありますが声をかけて世間話をするのはやめてください。ここは交流の場ではありません。声をかけると時には式が終わってからにしましょう。お通夜のときには通夜振る舞いをしますがこれは遠慮せずに食べてください。これには供養をする目的がありますので逆に拒否をすると供養したくないという気持ちの表れになります。式のときには色々なタブーがありますので気を付けてください。また宗教によって違いがありますのでその点も知っておいたほうがいいでしょう。式のときにはその人の常識力が問われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *