家族葬をうまく進めるコツは

身近な家族だけで葬儀を行う家族葬。

一般の参列者に気兼ねすることなく式を営めるので、最近はこの形式の葬儀を選択する人も増えています。しかし家族葬はまだまだ普及し始めたばかりの新しい葬儀のかたちです。それゆえにトラブルにも発展しがちですので、十分に準備をしたうえで取り組む必要があります。

家族葬で起きがちなトラブルの代表的なものが親族間のもめごとです。親族の中には年配者もたくさんおり、その中には従来の形の葬儀を尊ぶ人も存在します。そのような状況で十分な説明もなしに家族葬を行えば、参列できなかったことに怒りや不満を覚える人が出てくる可能性は十分にあります。

親族同士のトラブルは解決が難しく、問題が後々まで尾を引くことも多いので、できることなら無用な争いは避けたいものです。そこで親族同士のトラブルを避けるためには、まず始めに親族にきちんと連絡、説明をして理解を得ていくことが重要になります。とはいえ死は突然に訪れることも多く、右も左もわからない状況でさまざまな用事をこなしていかなければいけません。ですから家族葬を念頭に置いている人は、常日頃からそのことについて親族に周知しておくことも大切になります。なお無用なトラブルを避ける方法として生前予約も有効な方法です。生前予約は葬儀社と事前に契約して自分の希望通りの葬儀をしてもらうものです。本人の意向であり、かつすでに葬儀社とも契約しているとなれば、親族の説得も容易になる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *