葬儀を出す前に考えておくべきこと

葬儀を出す前に考えておくべきこととしては、宗教や宗派のこと、基本的な希望、参列者の人数の目安、連絡先のリスト、遺影の写真などがあげられます。

必要最低限のことは自分達で指示することが必要であり、葬儀会社にお任せというわけにはいきません。宗教や宗派のことは、事前に確認し、いざというときに困らないようにしておくと良いです。菩提寺があれば良いですが、そうでないと混乱します。お墓がないとお骨をどうするか、など基本的な希望をまとめるのも大変です。

参列者のことやお骨のことなど故人の意思を尊重しなければいけませんし、亡くなってからでは確認することはできませんので、元気なうちに話し合っておくほうが良いです。宗教や宗派のことや参列者のこと、遺影のこと、連絡先リストなど、機会があれば話し合っておいたほうが良いです。参列者が少ないとトータルでの費用は安くなりますが、その分、お香典など入ってくる金額は少なくなります。

小さなお葬式であれば費用が節約できると安易に考えないようにしましょう。必要最低限のことは、どなたでも必要です。飲食にかかる費用などが膨らむと葬儀費用も膨らみます。ご遺体の安置場所や会場などによっても費用は変わってきます。急なことですから動揺している状態で行うことになりますので、トラブルはどうしても起きやすくなります。できれば事前に情報を収集し、どのような葬儀を出すのか検討しておくと良いです。その際、実績があって信頼できる業者を見つけておくと後が楽になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *