葬式は故人の思いを大切に

日本は他の国のどことも違う葬式の習慣を持っています。

日本の宗教はとても一口ではいえないような、仏教文化、儒教文化そして日本古来の神道的な土着文化がいろいろと影響しあったことが行われてきました。それは火葬・輪廻・無常観などは仏教文化、祖先崇拝・祭壇・位牌・年忌などの慣習は儒教文化になります。けがれを忌み嫌い、遺骨や戒名をとても大切に重視するところは日本古来からのものとなります。その中でも特に、遺体や遺骨に対しての執着心は世界の多くの国から見てもかなり強いものがあります。

遠く離れた地で亡くなった場合には遺体確認を強く求めて、遺骨や遺品、それだけではなくその土地の土までも持ち帰ることまであります。そのようにして、故郷に帰らなければ葬式を行って弔いをすることができないと考えるのです。そして、日本の墓にある大きな特徴として、家族墓所があげられます。個人個人の墓ではなく、一家が同じ墓に入るという思いが強くあります。日本の葬式で火葬がとても早い段階から行われてきたのも、そのためだと言われています。

しかし、今日ではどこの国でも言えることなのですが、特に都市部においては葬式は専門の業者の助けを得て執り行われて、次第に簡素化してきました。それであまりにも簡素化されてしまう葬式は味気ないものが残りように思われます。故人は尊ばれる存在であることだと思いから、故人の望んでいたような送り方をして、尊敬の念をもって行いたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *