お葬式のときに気をつけたいこと

お葬式をあげる上で気をつけたいのは、次の3つの点です。

1つ目は、精神的なダメージによって冷静な判断ができないことです。大切な人を失ったばかりでも、すぐにお葬式の具体的な内容を決めていく必要があります。病院で亡くなった場合には、2時間以内に立ち退いて安置場所に搬送しなければいけないので、時間がありません。臨終の混乱の中で冷静な判断ができるとは限らないので、万が一の時の対応方法を事前に決めておくことが大切です。2つ目は、葬儀社の選択を誤ることです。

葬儀社によっては、遺族の混乱状態につけ込んで高額なお葬式を持ちかけてくる所もあります。全ての業者が悪徳業者というわけではありませんが、そういう業者も現実にあるので、事前に信頼して頼める業者を選んでおいたほうが良いです。できれば、時間に余裕のある生前に相談して決めておけると安心です。3つ目は、親戚との意見の食い違いです。お葬式の形式や、世間体などによって、意見が食い違ってしまうこともあります。

主導権を誰が握るかなどという喧嘩にまで発展してしまい、収拾がつかなくなることもあるので、日頃から良好な関係を結んでおくことが大切です。これらのリスクを回避するには、第三者機関を利用するという方法もあります。葬儀の相談を専門に行っているところでは、精神的なケア、葬儀社選択のアシスト、親戚とのトラブル回避、などのアドバイスをしてくれます。初めてで何から手をつけて良いかわからない時に便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *