残された家族に迷惑をかけない葬式

昔から葬式では多くの参列者がある方がいいと考えられていたのです。

仕事上の取引先の人たちであったり、町内会の人たちであったり、無論親戚も多く参列していたのです。残された家族の方としても、多くの方が来ていただけることを想定して、大きな会場を借りて、それ相応の香典返しを来ていただけるだろう人数分用意して、しかも式当日は来る人来る人に頭を下げて、この人がどのような関係の人なのか考えたりと、心身ともに疲れることが多いです。

そのようなことを経験した人が、今度自分の葬式を考えた場合には、残された家族にはできるだけ迷惑をかけないようにと考える人も多く、そのため最近では盛大な式よりも近親者のみで執り行う家族葬が人気になっています。参列者も身近な人に限られるために、特段気を使う必要もなく、また会場費用等も含めて非常に安い料金で式をあげることができます。

実際に自分の葬式を考える人も、生前に葬儀屋さんと契約して、どのような式の規模にするのか、また使用する写真はどれか、費用はいくらぐらいかを決めている人が多く、その場合には万が一のことが起きた場合には、残された家族がその葬儀屋に連絡することで、生前の段取り通りに葬式をおこなってくれるために非常に楽に式をあげることができます。また費用についても生前から毎月いくらかづつ積み立てることで、実際の葬儀代がかからなかったり、僅かの費用で行えたりと経済的にも便利になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *