葬式で気を付けたい服装の問題

葬式は故人を弔うための儀式であり、会葬者として出席する場合十分マナーに気をつける必要があります。

もしもマナー違反な服装や振る舞いをしてしまった場合、残されたご遺族の心を傷つける事になるのです。葬式で特に気をつけたいのが服装の問題です。黒い喪服を着用するのは男女共に一般的ですが、足下に気をつけるようにしましょう。例えばいかに色が黒かったとしてもミュールで出席するのは大変失礼です。葬式はカジュアルなイベントではなくフォーマルな儀式です。

派手な靴は避けるだけでなく、女性であれば畏まった場所に相応しいパンプスを選ぶようにしましょう。同じように気をつけたいのがストッキングの問題です。全体が黒尽くめになった場合どこか違和感を覚える方もおられますが、そこで白や赤など派手な色のストッキングを穿いてしまったら場違いとみなされますので注意しましょう。葬式に出席するための服装には一般的にアクセサリー類は使用しません。

ネクタイピンは取り外し、金色のボタンがついている上着などは用いないのが常識ですが女性の場合ネックレスをつける事もあります。葬式では結婚指輪と真珠のネックレスはつける事が許されているのです。もしも女性が真珠のネックレスをつける場合、必ず二連のものは避けて一連のネックレスを身につけましょう。二連をつけて葬儀に出席した場合「不幸が重なる」事を意味しますので大変不吉です。他にも葬儀には男女共にお数珠を持って行く事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *