家族葬を執り行うメリット

家族葬とは1990年代後半より故人の意向に沿って家族や親戚のみなど少人数制で葬儀を執り行うことをいいます。

少子高齢化や核家族化の増加、地域住民との関わり方の変化など様々な要因によって徐々に執り行われる機会が増えてきました。また個人の価値観に変化が生じてきたことも挙げられます。ただし家族葬は通常の葬儀同様の流れで式典は行われますので服装や香典なども慣例にならって執り行われます。家族葬を行うメリットとしては近親者のみで執り行われますので参列者が多くなることは少なくゆっくりと故人とお別れをすることができます。

また多くの参列者に対応する必要もないためご家族の心身の負担も軽減することができます。その他にも参列者は近親者や親しい友人のみであるため豪華な祭壇を用意する必要はなく、食事の準備や香典返しの負担を少なくすることができます。さらには通常の葬儀と異なり葬儀自体は小さなものとなるためアットホームな葬儀を行うことができるのです。

家族葬は無宗教であっても執り行うことができるため形式にこだわることなく故人やご家族の希望を取り入れることができます。参列者を気にすることなく故人の好きだった音楽を流したり参列者で歌を歌ったりすることもあるようです。まだまだ一般的には家族葬という形式があることを知らない人も多いですが、家族としてのあり方が変わろうとしている現在においてこれから主流になってくるといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *