家族葬に関する考察について

日本では昔から人が亡くなると一般葬と言うスタイルの葬式が執り行われていました。

知人、友人、親戚にできるだけ広範に訃報を伝えて葬式に参列してもらうのが一番の弔いかたであると信じて疑いませんでした。しかしこうした盛大な葬式では遺族が参列者の対応に追われ、ゆっくり故人に向き合ってお別れを伝えられない、故人との思い出をじっくり回想して弔えないと言う難点があったのです。しかし現代ではこうした盛大な一般葬を避け、家族で小規模の葬式を執り行う人が非常に多くなっているのです。そのため葬儀社で家族葬を選択する人が最近急増しているのです。

家族葬とは身内以外の参列者を招かない総規模の葬式を指すのです。しかし内容は一般葬と何ら遜色ないのです。家族葬でも僧侶の読経、霊きゅう車、死装束、供花、祭壇などの手配などすべて葬儀社が行ってくれるのです。家族葬はやはり故人と遺族がしっかり向き合い、何にも邪魔されず回想したりお別れをしっかり告げられるのが魅力です。

そして参列者への返礼品の用意、食事の用意などがすべてカットでき、費用も非常に安く抑えることができるのです。家族葬であると一般葬の三分の一程度の費用で葬式胃が実現します。遺族は葬式以外にも墓地や墓碑の用意も必要で、葬儀費用を安く抑えられるのは非常に魅力なのです。また埋葬自体も最近は費用の安い樹木葬、宇宙葬、散骨などを希望する人が増えてきました。今後ますますこうしたニーズは高まる事でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *