近年増えている家族葬

葬式というと、親族、友人・知人、仕事関係者、ご近所さんと広い範囲で故人とのつながりのあった人に連絡し、参列してもらうというのが一般的でした。

しかし、近年では少子高齢化や核家族化が進み、これまでの社会とは形態が変化しています。これまでは親との同居が当たり前で、同じ町内にいる人とはご近所付き合いも頻繁でしたが、今は結婚して新居は地元と離れた都市部に移り住み、一人暮らしの高齢者も増えました。周囲とのお付き合いは皆無ということも全く珍しいことではありません。

このような背景から、生前にあまりお付き合いしている人がいなかったという故人が多く、葬式は盛大に行わずに親族のみでこじんまりと行う家族葬が増えています。また、付き合いの広さの如何によらず、盛大な葬式を好まない人も増えています。葬式を盛大に行うよりも、その費用を生きている人のために使ってほしいという遺志を残す人も多く、そのような人にも家族葬が好まれています。

多くの参列者に気を遣うことなく、最後との時を家族だけでゆっくり過ごせるというのも特徴で、その観点から家族葬を選択する人も増えています。家族葬にはこれまでの一般的な葬式の形態である通夜、葬儀・告別式という流れを2日間にわたって行う場合と、葬儀・告別式のみ1日で行う形など、家族葬の中でもその人に合わせて様々な形が用意されているので、故人の希望や、家族の在り方によって様々な人のニーズに合わせた葬式を選ぶことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *