家族葬のやり方はどうするのか

葬儀の形が変わりつつある中で、家族葬を選ぶ人たちが増えています。

昔ながらの大規模な葬儀をするにはお金もかかるし人も呼ばなくてはいけないとなると大変ですが、家族たちだけでひっそりとやるだけでも十分だと考えはじめているからでしょう。冠婚葬祭は地域によって様々な風習が関わってきますが、それでも小さめの式で心穏やかに済ませたいと願うのです。

これまでの葬儀は料金も百万円を超えるような価格でしたが、家族葬であればプランなども決まっていて10~20万円ぐらいの費用でも葬儀を上げることが出来ます。最後のお別れをしたいとは思っていても、かなりのお金がかかると思うと、哀しいだけではなく心身にもさらに負担がかかってしまいます。家族葬であれば金銭的な負担を軽減しながら、故人を最後まで見送る事ができます。葬儀社側でも家族葬を取り扱う所が増えていますので、慌てずに内容の確認をしておきましょう。

また、場合によっては訃報を聞いて家族だけでなく故人の友人や知人などが駆けつけてくださることもあります。それはとても有り難いお気持ちではありますが、心情的な面をお伝えしつつ、事前の訃報のお知らせの時に参列は不要の旨もはっきり分かるように伝えておいて下さい。香典や焼香、お花なども同様です。家族の数だけ葬儀もあります。どうやるといいのかは、事前に相談しておいたりするといいでしょう。くいのないようにお見送りが出来るようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *