葬儀スタイルとしての家族葬

葬儀、葬式は故人を偲び、天国へと送り出す大切な宗教的な儀式です。

大昔から現在まで脈々と引き継がれて行われている儀式です。葬儀は、御遺体がお寺、または自宅に安置され、お通夜、葬儀、告別式が行われ、火葬されます。地方によってはその順番が違う地域はありますが、ほぼ共通に葬儀が行われます。その葬儀スタイルは変わりませんが、規模のちがいから近年になり新たな葬儀スタイルがいろいろ出てきてます。そのひとつに家族葬があります。家族葬とは名前の通り、家族、親族、親近者、親しい知人だけで行う葬儀、葬式です。

葬儀の流れは同じですが、規模が異なります。家族葬は社会的な変化から生まれた必然性もありますが、葬儀自体のお金がかかりすぎているのも生まれた背景にあります。以前の葬儀は、自宅で行われ、故人、遺族の知人、友人、仕事関係の人が葬儀、葬式に参列していました。

親族などは地理的に遠いところから来る人もいますが、仕事関係、友人、知人は近くにいました。しかし、社会の変化により、仕事が単身赴任、核家族化し、自宅と仕事関係、知人、友人関係が遠くにいるケースが増えてきてます。わざわざ遠くまで来てもらうのは大変だという遺族、故人の思いから規模を小さくした葬儀のスタイルを選びます。

結果これが家族葬となってきたのです。家族葬になっても葬儀のスタイルは同じで、故人を偲び、故人との別れを十分に行うという葬儀の本来の姿は変わりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *