家族葬に参列するべきかどうか

家族葬は、気心が知れた方たちが参列するので、ゆったりとした雰囲気の時間を過ごすことができます。

その空間に装飾がわずかに加わることによって、故人の人柄を表現した品物などに触れることによって思い出が蘇り、会話も進んで、悲しみの中にあっても温かみがある家族葬を執り行うことができます。

そして、参列する方たちが、それぞれの故人に対する気持ちを寄せ書きなどといった形で、故人に感謝の気持ちを伝えることもできます。一方で、家族葬に参列する立場になったときには、一般的な葬儀とは、多少異なるところに注意する必要があります。一番注意が必要になるのが参列するかどうかの基準で、参列をしていいのかどうかを迷ってしまうことも少なくありません。自分が参列した方が良いのかどうかについてですが、原則としては、遺族からの参列願いの案内があったときだけ参列をすることになります。

家族葬は、一般的な会葬者を招待しないで、遺族や近親者だけで執り行います。とても親しい関係にあった友人や知人が参列することはありますが、その場合は遺族側が希望するときだけになります。遺族が案内をしていない状態であれば、葬儀が執り行われることを知ったとしても参列しないようにする必要があります。そして、どこまでが身内なのかどうかについても、その世帯によって違ってきます。故人の配偶者や子供、兄弟などといった割合近い血縁関係の人たちだけで執り行うこともあれば、いとこやおじ、おばなどの人たちも含めて執り行うこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *