葬儀の形式はそれぞれ特徴がある

葬儀会社によって、執り行うことができる葬儀の形式があります。

たとえば、よく選ばれる形式には、直葬、一日葬、家族葬、そして以前から行われることの多い、一般葬です。直葬というのは、亡くなった病院などからそのままご遺体を火葬場まで搬送し、通夜式、告別式を行わずに済ませてしまう形式のことです。この直葬を選択する理由には、費用の問題もありますが、後日故郷に戻ってから葬儀を行いたい、というもの、故人の生前の希望、などがあります。

一日葬は、一般葬では二日間かけて行う通夜式と告別式を、一日で執り行う形式です。ワンデーセレモニー、一日葬儀ともよばれています。この一日葬は、近年になって葬祭業者により提案された新しい形式なので、厳密な決まりなどはないです。一日葬のメリットは、儀式が一日で終わるので、遺族の身体的、精神的、経済的な負担を少なくすることができる、遠方から参列してくださる方の負担も軽減できる、参列者の方におもてなしする料理や返礼品が一日分でいい、というものがあります。

家族葬は、遺族である家族、親しい人などの少人数で、故人との最期の時間を過ごすことができるということで、最近よく選ばれることが多い形式です。家族葬は、簡単にいえば、一般葬の縮小版です。通夜式や告別式などの葬儀はしっかりと行いますが、人数を少なくするので、ゆっくりと故人を見送ることができるというのが魅力です。どの形式でも、故人をきちんと見送ることができるように考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *