近年の葬儀スタイルについて

葬儀は昔から厳かに盛大に執り行われるべきものです。

故人の死を悼みながら故人との別れの厳粛な場です。そのため、式場となる家には多くの親類、知人、近所の人が訪れ、隣組が手伝いをして、執り行うのが一般的でした。しかし、近年では葬儀場で執り行い、隣組などの手伝いなどもなくなり、かなり簡素化されています。故人が生前に式場などの相談会に訪れ、自分でプランを決めたり、生前に遺影の撮影を行ったり、自分の死後に参ってほしい人を事前にリストアップして記しておくエンディングノートなどを用意した終活とよばれる自分の死後の準備をしておくことが一般的になってきています。

これは核家族化などにより、遺族が故人の交友関係などの把握が難しくなってきているためです。葬儀も昔とは違い、親しい知人や家族のみで行う家族葬も増えてきています。また、家族葬でなくとも香典の辞退や初七日、納骨までを葬儀当日に済ますなど、様々な面で変容してきています。これは昔と違い、同居などが減り、多くの親族が地元を離れ生活している場合が多く、なかなか何度も仕事を休んで集まることが難しくなってきている時代背景によるものとされています。葬儀の内容も変化し、故人の好きだった音楽や個人の写真を式場にたくさん飾ったり、故人の動画を流したりと厳粛なものではなく、故人の好きなものたちに囲まれ、親しい人たちで見送ってあげるというようなスタイルに変化してきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *