葬儀会社は遺族が希望する形式になるようサポートする

葬儀にはいろいろな形式のものがありますが、葬儀会社では、遺族の方が希望するお葬式を行うために相談を受けたり、サポートなどを行っています。

葬儀の形式で選ばれることの多いものは、直葬、一日葬、家族葬などです。もちろん、一般葬といわれる昔から行われてきた形式も選ばれることが多いです。直葬を選択する人の理由で多いのは、費用をあまりかけることができない、後日改めて葬儀を行う、社葬などの予定がある、というものがあります。直葬の費用は、セット料金で、10万円から40万円ほどです。会社にもよりますが、火葬料金の違いで差が出ることが多いです。自治体によってですが、住民の火葬なら無料、というところもあるので、火葬費用だけで地域差がでてくることがあります。

一日葬は、通常なら二日間かけて行う通夜式と告別式を、一日で終わらせてしまうという形式です。この形式を選択することで得られるメリットもあります。それは、儀式が一日で終わるので、遺族の身体的、精神的、経済的にかかる負担が少ない、というものや、遠方から参列してくれている方の負担を軽減させることができる、というものなどです。

この形式で注意したいのが、一日葬はセレモニーを一日で行う、という意味で、亡くなってから一日で葬儀を終える、という意味ではないということです。家族葬は遺族はもちろん、親しい人など少人数で行います。一般葬のように通夜式も告別式も行うのですが、人数が少ない分、ゆっくりと故人を見送ることができるのがいいです。宗教儀式なども行うので、一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *