故人と家族の思いを繋ぐ家族葬

葬儀にはいくつかの種類があります。

基本的には規模による違いが大きく、3つに分けることができます。大規模なものは会社の経営者や商売をしていた人の葬儀に多く、社葬と呼ばれています。一般的な中規模のお葬式で親戚や故人の友人知人、関係者などが参列するものを一般葬と呼びます。そして、家族や親族、一部の親しい人のみで行う小規模なものを家族葬と言います。この家族葬は故人と家族の思いを繋ぐ葬儀として注目されています。

少人数で行う葬儀ですので遺族の時間的、精神的、体力的な余裕が生まれます。たくさんの弔問客の受付や一人一人にあいさつを行っていると悲しんでいる暇もないですし、故人に思いを馳せる暇もなくなります。そのような忙しさや煩わしさがないため家族葬であればゆったりと故人との最期のひとときを過ごすことが可能となるのです。最近では遺族の希望だけではなく、故人が生前に家族葬をしてほしいと希望するケースも多いです。

最後くらいは家族水入らずで見送ってほしいと感じている人が増えているのです。もちろん故人と関わりがあった人を蔑にしてはいけません。告知をしなければ後々問題になる可能性があります。トラブルを避けるためにも家族でお見送りをしたいという旨をお手紙やお手紙などであらかじめ伝えておくと良いでしょう。葬儀のプランで悩んでいる方には、故人と家族の思いを繋ぐことができる家族葬で、満足のいくお見送りを行うことがオススメだと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *