故人の冥福を祈るなら家族葬は最適な葬送方法です

家族葬は、昔から存在した密葬と混同されたり、密葬の名前が変化した葬儀の様に言われる業者もありますが、似て非なるものです。

密葬は、家族や親族など非常に限られた間柄の人間だけで、通夜と葬式、火葬まで一連の流れを行った後に後日改めて告別式を行います。密葬は、葬儀への参列者が非常に多いと予想される場合に先に家族や親族がゆっくりと故人と過ごす為に行われます。密葬は、新潟県や秋田県など雪深い地方、農業の盛んな千葉県の一部などで行われている通夜に先立って火葬が行われる骨葬に似ています。

対して家族葬は、通夜及び葬式、火葬、埋葬までの一連の流れを密葬と同様に極限られた人間だけで行いますが、故人や遺族の友人や知人などのために告別式は行わないのが大きな相違点です。そのため、家族葬が理想に比べて総額費用が非常に安く抑えることができ、スケジュールも非常に余裕のある形で組まれています。葬儀自体は、本来村落全体で様々な物を持ち寄り夜通し故人の冥福を祈る通夜が行われ、通夜終了時には余った物を分け合って持ち帰ったのが香典返しと起源とされています。

家族葬は、従来の様に大人数では無く、何の遠慮の必要の無い家族で故人を弔うので、香典返しや気取った料理も必要が無いので非常に遺族の負担が少なく、遺族があの世での故人の行く末を案じ、一刻でも早い転生を仏様に祈願する通夜本来の意義を果たす事が出来ます。遺族として、故人を送り出す形としては最も良い葬儀とも言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *