葬儀の時にはアクセサリーにも気をつけて

訃報を聞いて駆けつけるという事が多くなる葬儀ですが、想像している以上に服装をどうしたらいいのか悩む人が少なくありません。

お祝いの席なら明るく華やかにするのが一般的ですが、悲しみにくれている遺族の前でどんな格好をすれば礼を失しないのかとそればかりで頭が一杯になってしまうことでしょう。昔に比べれば葬儀の時のマナーなども緩くなってきて言われている昨今ですが、だからといってそれに甘えてしまうと後で何を言われるかも分かりません。

以前からアクセサリーに関しては結婚指輪程度にするようにというのがマナーでしたから、基本的はその考えで差し支えありません。他に何か着けるのであれば、黒いオニキスやジェット、または真珠などであれば派手さも控えめなのでそちらから選ぶようにしましょう。

また、洋装の時はジュエリーを着けて全体の姿が完成されると言われているので、宝石類は真珠などから選びましょう。そして和装の場合には冠婚葬祭に関わらずアクセサリー類は着けないのが一般的なので、この場合には何も着けずに出かけるといいでしょう。髪をまとめるために使うものも、黒いピンやゴムを用意してシンプルかつ清楚な姿を心がけましょう。葬儀の時の服装は全体的に地味で大人しく、清楚な姿が基本です。派手さなどは求められていませんから、出かける前に姿見などの前に立ち全体の印象やどんなアクセサリーをつけているのかを確認してから出かけるようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *