葬儀の日程や時間について

葬儀を行う側か参列する方なのかでも変わりますが、大体どれぐらいの時間がかかるのか、日程も気になってくるのではないでしょうか。

最近は様々な形式のプランが増えてきていますので、式の規模などに応じて考えていきましょう。本当に短い内容であれば、火葬だけを行う直葬もありますので、その場合は1日葬になります。こちらはスケジュールもはっきりしやすいのでいいのですが、一般的な葬儀の形は通夜や告別式などもあるので時間も多少は変わると考えておくといいでしょう。お知らせをする側になる時にはいろいろ気を使いますが、余裕を持って伝えられるようにしましょう。

また、通夜や告別式などの時間は地方や慣習によっても変わりますが、概ね2時間程度ですからそれを目処にしましょう。スケジュール例もあればそれを確認しておくと大体どんな風に進行をすればいいのか思い描くことも出来るので活用しましょう。

注意をしておきたいのは、火葬場の休業日です。友引の日は友人を凶事に引くというように考えられているので、この日は葬儀が行われないことが殆どです。それに、正月三が日も休業をしている火葬場が多いですから、正月後に葬儀が行われるのが一般的なので、スケジュールの調整はしっかりとしておきましょう。初七日法要も本来は亡くなってから7日後に行われますが、当日に行われるようになってきているので、日程などを決める時にはそれらも含めて考えるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *