エンディングノートで故人の遺志を反映した葬儀が可能

エンディングノートを書いていると、これからの人生を設計する見通しを立てることができるようになり、今までより充実している生活を過ごすきっかけになってくれます。

また、人生を設計していく上で、現在抱えている悩み事や心配なことを一つ一つ挙げていくので、自分自身と向き合うことによって心を整えることができるようになります。そして、もし自分の身に何かあった際に自分の家族に対する想いを伝えられます。

エンディングノートは、自分にとって家族などといった大事な方たちに、希望する葬儀の方法などを書き残しておくことによって、自分が亡くなってしまってからでも葬儀などを安心して執り行なうことが可能になります。また、延命治療を行うかどうかや、臓器移植を希望するかどうかなどの情報を書き残しておくことによって、万が一植物状態などになった際も家族の悩みが軽減されます。

そして、自分の歴史や大事な方たちにメッセージを残すことによって、残された大事な方たちにとって貴重なプレゼントになります。自分がまだ生きている間に役立つ事柄は、病名を告知するかどうかや、意識がないときの対応、介護の方法についてになります。自分が亡くなってから役立つ事柄は、葬儀の方法についてや、遺骨の取り扱いについて、法事や法要の方法などがあります。エンディングノートは、遺言書とは違って、法的に拘束力がある文書ではなく、意識を失っているときや亡くなった後に残された家族の精神的な負担を軽減することが目的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *