初めての葬儀で必要な準備

突然の訃報を受けて、心の整理ができない状態で初めて葬儀の準備を行うときには、危篤の状態から、ご臨終を経て納骨に至るまでの過程で決めなければいけないことが山ほどあるために、遺族の人たちは非常に大変です。

近頃の葬儀の形式は多様化していて、一般的な葬儀だけでなく、参列者を絞り込む家族葬や密葬、お通夜を行わない火葬式や一日葬などから選ぶ必要があります。そして、執り行なう宗教にも仏教だけでなく、神道やキリスト教に則って執り行なわれる形式や宗教に囚われない自由葬や無宗教葬などの形式もあり、宗教的な儀礼にも大切な意味合いがあるため慎重に選ぶ必要があります。

後になって後悔しないようにするためにも、前もって葬儀の形式や宗教など、ある程度のことは決めておく必要があります。少なくとも前もって準備が必要な事柄には、故人に信仰している宗教やお付き合いのあるお寺などがあるかどうかで、ある場合は宗派も確認しておく必要があります。また、遺影として使う故人の写真も準備しておく必要があります。

後は、死亡届を提出するための印鑑や故人の遺体を安置する場所を確保しておく必要もあります。また、葬儀が執り行なわれると、遺族や喪主が挨拶をする必要がありますが、挨拶の一般的な流れは、まず、参列して頂いたことに対するお礼から始まり、生前に故人とお付き合いをして頂いたことに対するお礼を述べ、今後も変わらぬお付き合いをしていくことをお願いするという形になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *