近頃注目を集める自由葬という葬儀

近頃は、色々な形の葬儀が多くなってきていて、その中でも最も増えているのが家族葬になるのですが、他にも自由葬についても首都圏を中心に増えてきています。

自由葬は、従来から執り行なわれていた形式には、囚われないことから、新しい形式であるということもできます。自由葬は、宗教に拘らずに自由に行われる形式なので、無宗教葬ともいわれています。ほとんどが無宗教の形式で執り行なわれるのですが、全ての自由葬が無宗教の形式で執り行なわれるという訳ではないです。

実際には無宗教の形式の場合でも仏教の形式や神教の形式を多少なりとも参考にしている形式になっていることが、よくあります。とはいえ、自由葬の場合は無宗教で執り行なわれるのが一般的になります。近頃の日本人は実際に無宗教な人が多くて、お寺との交流の機会も少なくなっています。その現状も踏まえた上で、仏式で執り行なわれる葬儀に疑問を感じている方も多くなってきています。

自由葬が執り行なわれる背景には、宗教を信仰していない方が多くなっていることや、お寺との交流の機会がなくなっていたり、形骸化している形式に疑問を感じていたり、故人に喜ばれるような形式で執り行ないたかったりすることがあります。自由葬のメリットは、故人や遺族の意見を取り入れて慣習や伝統に囚われず、参列者や遺族が考える自由な葬儀が執り行うことができることがあります。また、無宗教で執り行なわれるため遺族との間で宗旨についての対立が問題化しないこともメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *