知っておきたい葬儀までの流れとは

自分の家族がなくなると、葬儀する必要がありますが、初めて葬儀をする場合であれば何もわからない状態のはずです。

ですが、基本的な流れを理解しておけば途中で慌てることもありません。まず、家族が病気で亡くなる可能性がある場合は、あらかじめ葬式の会社と連絡をしておく必要があります。できれば、本人がまだ元気なうちに、葬儀会社と話し合い、どのようなプランで総指揮を行うかを明確にしておくとよいです。

もし、そのようなした準備ができておらず、家族が亡くなった場合は、葬式会社を選べないわけではありません。特に希望がなければ病院が指定した業者にお願いをすることになります。病院ではあらかじめ葬式会社と連絡を取れるようにしてあります。業者が決まっていないからと焦る必要はありません。

葬式会社の方で車を手配してくれ、マンションの場合や集合住宅であれば葬式会社の方で遺体を預かってくれます。自宅が一軒家の場合は、自宅に戻してもいいですし、葬式会社の方で預かってもらうことも可能です。その後、葬式会社の方から葬式の流れや日程を決めるために連絡が来ます。日程を組むために従業員が来て話し合いをします。

まず、いつお通夜と告別式を行うかを決めなければなりません。できるだけ早い方がよいですが、翌日だと葬式に呼ぶ人に負担がかかってしまうため、二日後ぐらいを指定するとよいでしょう。そのあとは引き出物や料理、火葬場の中でどのランクの焼き場を利用するかなどを決め、予定表を渡されます。これがおおよその葬儀までの流れです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *